花のアレンジメント - ブートニエール。

  • トップ
  • フローリストの基本
  • スタイルとテクニックの様々な
  • 基本的なフォーム
  • 左右対称の配置の形成の原理
  • 非対称構造
  • メインフォーム(円)
  • 基本的な形状(長方形)
  • 基本的な形状(三角形)
  • 色の選択
  • 色のコントラスト
  • 小さ ​​なコントラストの色の調和
  • 色の調和が素晴らしいコントラストです。
  • 色の現象の相対性
  • 人工光でその色
  • 色の象徴
  • 形と色の組み合わせ
  • 花のアレンジメント
  • 花の組成
  • 花束
  • 華道
  • ブートニエール
  • インテリアのBoutonnieres
  • 装飾的な花輪
  • バスケット
  • 生け花
  • 人工的な植物とFitodesignインテリア
  • プリザーブド植物
  • ドライフラワーの組成のインテリアデザイン
  • 乾燥した花の加工技術
  • ドライフラワーのお手入れ
  • 乾燥手配
  • ドライフラワーの平面配置
  • 近代的なフローリストリーの動向
  • 使用される材料
  • ガラス
  • セラミックス
  • プラスチック
  • 磁器
  • かご細工品
  • 花のオアシススポンジ
  • パッケージ
  • 装飾アイテム
  • ギャラリー花屋


  • ブートニエール。

    ブートニエール - (フランスブートニエールから、文字通り - 。かがり)。

    1。 花、衣類やピンの花束は、ボタンホールを通過する。
    2。 彼女のドレスに花のピンの小さな容器(チューブの形で)。
    3。 香りの良い植物の小さな束をインストールするための装置。

    花のアレンジメント - ブートニエール



    それは長い休暇にされているとお祝いの人々は花で自分自身を飾る。 最後の世紀には、女性は自分の胸や腰、肩や尾の帽子や髪の毛で新鮮な花を身に着けていた。 花飾りなしドレスは不完全であると考えられた。 注意深く彼らがボタン穴に保持されていると襟、小さな曲面ガラス管に選ばれ、挿入ボタン穴のための花。

    クラシックブートニエール - 小さな花、緑で飾ら。 しかし最近、ボタン穴は小枝、果実、ビーズ、羽毛の要素を持つ、花、花束、あるいは全体の植物相構成されていないので。

    近年では、特に、いわゆるファッショナブルな生活ジュエリー。 リボン、羽と真珠で飾られた花や葉や乾燥した植物のこの小さな束、。 花のジュエリー - イギリスで花コサージュやピンと呼ばれるboutonnieres、さまざまな。

    それは、花やラペルスーツ、ドレス、髪、ハンドバッグや靴のピンとピンを接続する小さな花のアレンジメントです。 コサージュとは対照的に、ブートニエールは常に安全性のピンを備えていません。 それは、例えば、宴会のテーブルを飾るために使用することができます。

    花のアレンジメント - ブートニエール



    ボタン穴は、次の種類:

    - (空気)、フラットラウンド、重いまたは軽いが、実際に、と別のケースluchevidnayaインチ 彼女の女性のコサージュとして少しベレー帽、男性のようなあなたの頭の王冠を着用して - 彼のラペルa;
    - ドロップ型、フラット。 ストレート軸と船尾ボタンホールは唾を吐く、曲げの軸上にある - 寺院以上;
    - ティアラの形で、弓形。 コサージュは彼女の髪、肩、下のドレス、などを飾っていたとして

    コンポジションの中心は彼らがわずかに拡大された形、例えば、大きな花や装飾的な材料を強調しているという事実によって特徴づけられるすべてのボタン穴用。 材料の選定では、組成物のスタイルが考慮されます。

    光沢のある - ボタンホールの花は、葉、新鮮でなければなりません。 したがって、(太いまたは革の葉とクローブ、ツバキ、ホスト、Chlorophytum、アスパラガスと他の植物)植物材料、保存されて水なしで長い時間を選択することが非常に重要です。

    ボタンホールには、少なくとも2時間、花や葉洗浄と薬を入れる水の生産する前に、長く新鮮なまま。 その後、カットの茎からのジュースの放出を防ぐために、その端が溶けた獣脂(ワックス)に浸した。 曲を書く前にクリーム、ワセリンや特殊スプレーで噴霧して塗った濃い葉。

    スケッチboutonnieresを実行することにより、細いワイヤーで花や葉を強化する。 茎の端から開始して狭いリボンボンディングのプロセス、ブレードを、置きます。 ボタンホール、バラをアレンジする場合、芽が完全に茎から分離、ワイヤは、その下部に渡され、その後両端が下に浸漬し、バンドで処理した。

    頭にかぶるものは同じように新鮮な花から作ったが、フレームが太い線で作られ、彼女の花や葉に着手するために背景として機能するそれらのテープを、カバーした。 毛の櫛のためのBoutonnieresが向上する。

    生活のために適切な素材を見つけて、美しい宝石を動作させるために、あなたはコームのような服を着て何を、考慮に入れ、あなたの髪の色を取る必要があります。 装飾の役割では、結婚式で若い男の輝きと優雅さを補うには、伝統的にブートニエールでした。 この飾りは、特殊なループの中で、左襟にプローディを着用する。

    そのようなループがある場合は、花はラペルピンに接続されています。 このアクセ​​サリを選択した場合には、メインルールに従うことが重要です。ブートニエールは調和になるとブライダルブーケと同じ色で実行する必要があります。

     









    © 2011 Floraldesigns.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブなリンクを使用することができます!