植物の芸術的な組成を作成する。

  • トップ
  • フローリストの基本
  • スタイルとテクニックの様々な
  • 基本的なフォーム
  • 左右対称の配置の形成の原理
  • 非対称構造
  • メインフォーム(円)
  • 基本的な形状(長方形)
  • 基本的な形状(三角形)
  • 色の選択
  • 色のコントラスト
  • 小さ ​​なコントラストの色の調和
  • 色の調和が素晴らしいコントラストです。
  • 色の現象の相対性
  • 人工光でその色
  • 色の象徴
  • 形と色の組み合わせ
  • 花のアレンジメント
  • 花の組成
  • 花束
  • 華道
  • ブートニエール
  • インテリアのBoutonnieres
  • 装飾的な花輪
  • バスケット
  • 生け花
  • 人工的な植物とFitodesignインテリア
  • プリザーブド植物
  • ドライフラワーの組成のインテリアデザイン
  • 乾燥した花の加工技術
  • ドライフラワーのお手入れ
  • 乾燥手配
  • ドライフラワーの平面配置
  • 近代的なフローリストリーの動向
  • 使用される材料
  • ガラス
  • セラミックス
  • プラスチック
  • 磁器
  • かご細工品
  • 花のオアシススポンジ
  • パッケージ
  • 装飾アイテム
  • ギャラリー花屋


  • 装飾的な物(植物誌研究)。

    花屋 - 美術の比較的新しい傾向。 あなたが花屋を定義しようとすると、それは植物の芸術的な組成を作成するために専用の応用美術の領域です。

    装飾的な物(植物誌研究) - 基本図形

    自然の花、ドライフラワー、人工植物のの組成物の調製:花屋"は、3つの主な領域があります。 花束、花籠、花輪、花輪、絵、乾燥花や葉の写真 - すべてのウィザード - 花屋。

    花屋非常に​​古代の科学 - その歴史ツタンカーメンの胸のミイラで発見の野生の花の花輪によって証明されるように、私たちの時代の前にも遡ります。 古代エジプトでは、壁画から判断し、新鮮な花々が、宗教的な儀式で使用されている。 寺院を飾る花の言及も735 ADの仏教書に記載されています。

    そして古代ギリシャの、そして中世に、人々は彼らの家を飾るために植物や花を使用。 中世の間に、教会は、罪の社会生活における色の使用を信じて、その花は、主に教会内部の装飾に使用されています。

    時間が経つにつれて、ルネサンス、アレンジの技術が再び盛んになった。 園芸との配置上の最初の本が出版であっても、ローマで、1633年に"フローラ - 庭の花の文化を" ヨーロッパでは16〜17世紀もの最初に植物園と芸術的に設計された公園を見ている。

    装飾的な物(植物誌研究) - 生け花

    豊かな人々の生活の中で高価な花瓶に一部緑豊かな、カラフル、色とりどりの花束になっている。 しばしば彼らのデザイン、人工とドライフラワー、蝶や鳥に使用。 徐々に花を与えるためにカスタムを結成。 イングランドでは、例えば、すべての女性がいた基本的な構成を持つ必要があります。

    革命以前のロシア美術の取り決めにも顕著に特色。 様々なフラワーアレンジメントを描く教えたメリット、様々なプロデュース。 それはファンのためのシェル、二枚貝、、ヤシの葉、ワイヤーとダンボールの特に人気の宝庫、豪華やベルベットで覆われていると果物でいっぱいの贅沢な花束を与えるために流行していた。

    近年では花が非常に広範な概念となっています。 それは新鮮な花や乾燥した植物、及びphytodesign(アートや植物に関連する設計開発の活動)、およびgerbarizatsiyu、花の絵画、アプリケーション、コラージュを除外するものではない、花材の代わりに塗料を使用して、減圧下で乾燥し、多くが含まれており、アレンジ。

    洗練された野菜の彫刻は、そう、それが厳粛に近づいている必要があります作成するために、宇宙の中心となりました。 これは永遠にあなたの家に残る絵画や彫刻ではありません。 専門家は、彼らが少なくとも年に一度更新して作品を作成していることをお勧めします。 フラワーアレンジメントはまた、"LP"があります。 いずれの場合でも、花のオブジェクトは、交換可能な部品を持つことができます。

    装飾的な物(植物誌研究) - 色の象徴

    もしゲストがうらやましくため息を保つことができなかった驚いたしておきたい場合には、クラシックなスタイルが好きなら、我々は花の組成(オリジナルアレンジ、花束、花の花輪と儀式バスケットを)選択することをお勧めします - このオブジェクトは、要求の厳しいされますが、結果は価値がある。

    誰もが装飾的なオブジェクトのように飾るために余裕がある - それは、生け花の最も高価なラインです。 背後には、生き物のようになります。 しかし花の構成は、その所有者の芸術的な味と豊かさだけでなく、デモンストレーション、部屋の特定のステータスを与えます。

    何も生きている植物の美しさに勝るものはありません。 しかし、花を乾燥している現代的な花のショーはあまり印象的で、元特定できませんでした。 さらに、それはより実用的です。 乾燥組成物は、年間保管し、ほとんど世話を必要としないため、たまにしか特殊ラッカースプレーで埃を除去する必要があるからされています。

    彼らは水を必要としないので、これらの花は、どんなでも、ハードな場所に到達することができます置く。 さらに、特にトレンディなエリアは、長い間、それらのプロパティを保持する植物を保存されていたとさえ香りはほんのわずかに色に変更されます。

     









    © 2011 Floraldesigns.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブなリンクを使用することができます!