ドライフラワーの組成物 - 人工植物とFitodesignのインテリア。

  • トップ
  • フローリストの基本
  • スタイルとテクニックの様々な
  • 基本的なフォーム
  • 左右対称の配置の形成の原理
  • 非対称構造
  • メインフォーム(円)
  • 基本的な形状(長方形)
  • 基本的な形状(三角形)
  • 色の選択
  • 色のコントラスト
  • 小さ ​​なコントラストの色の調和
  • 色の調和が素晴らしいコントラストです。
  • 色の現象の相対性
  • 人工光でその色
  • 色の象徴
  • 形と色の組み合わせ
  • 花のアレンジメント
  • 花の組成
  • 花束
  • 華道
  • ブートニエール
  • インテリアのBoutonnieres
  • 装飾的な花輪
  • バスケット
  • 生け花
  • 人工的な植物とFitodesignインテリア
  • プリザーブド植物
  • ドライフラワーの組成のインテリアデザイン
  • 乾燥した花の加工技術
  • ドライフラワーのお手入れ
  • 乾燥手配
  • ドライフラワーの平面配置
  • 近代的なフローリストリーの動向
  • 使用される材料
  • ガラス
  • セラミックス
  • プラスチック
  • 磁器
  • かご細工品
  • 花のオアシススポンジ
  • パッケージ
  • 装飾アイテム
  • ギャラリー花屋


  • 人工的な植物とFitodesignのインテリア。

    造花は、古代中国で非常に長い時間前に登場しているとギリシャは金と磁器の花を生産。 また、粘土、ペン、羊皮紙、そして他の多くの材料で作られたこれらの花がいた。 しかし、アレンジで、彼らはそう遠い昔ではない使用されていました。

    ドライフラワーの組成物 - 人工植物とFitodesignのインテリア



    トラックを対象とした最初の人工の花は紙でできていた - プレーンまたは特別扱いして描いた。 世界が東南アジアからプラスチック製の花が氾濫しているときに、人工の花の生産の急激な変化は、約40年前に起こった。

    彼らは、十分に安いいたギフトのための良好であったが、貴重なフラワーアレンジメントのために少し失礼だった。 今造花は、ポリエステル、ラテックス、オーガンザ、羊皮紙、絹で作られています。

    人工的な花はドライフラワーと比較して、肯定的な特性の質量を持っている。 彼らは良い色と形、nelomkie、プラスチック、様々なサイズで利用可能なを維持する。 風水のためのファッションに関連する人気の新たな波を経験し、近年では人工的な花、。 それは人工的な花は家の中にポジティブなエネルギーを引き付けることができると考えられている。

    人工的な景観は、家庭の装飾の比較的新しい種類です。 それが受理官庁、銀行、ショッピング施設、展示会、そして様々な公的機関で受信している広範な使用。 アパートメントは、人工的な景観要素の個々の構造がそれほど頻繁に利用されています。

    基本的に彼らは理由はこのような植栽の数は部屋の装飾に最も適切な方法である場所で使用されています。 ために温度の明らかな違いの台所で、新鮮な花の水分特性と気候変動の内容は、かなりの労力と時間が必要になります。 水分の微気候のため、バスルームでも、はるかに望ましい特性から。

    ドライフラワーの組成物 - 人工植物とFitodesignのインテリア



    たとえ小さな部屋は、常に良好な換気システムで、大規模な、広々と比較して最悪のパフォーマンスを持っています。 人工的な緑の廊下の使用の要素では、新鮮なお花と一緒にいるため、ミニ、ミニ滝や噴水"の上の生活"が作成される可能性のが適切です。

    壁の - 人工緑は部屋がデバイス静止画面、パーティション、およびそれ以上にすることなく、いくつかのセクタに分割する必要がある場合には不可欠である。 あなたは緑の植物の装飾的な画面を作成することができます。

    唯一のワイヤーフレームを作成し、人工的な緑のブドウ、花や店舗で豊富に提供されている他の項目を添付する必要があります。 そのような木を行使する必要がルール、垂直ガーデニングの建設に似たような技法。

    既に人工的な植生のアイテムを購入するとき、すなわち、この分野で優位を占めるはず何色に、彼らが何であるか部屋に知る必要があります 製品の内部に収まるように購入しました。

    近代的な技術は、品質を可能にし、花や人工細部と素材(ポリエステル、プラスチック)、および任意の色のトーンの葉を作り出す。 同時に、彼らは不利な環境要因に対して非常に耐性があります。

    ドライフラワーの組成物 - 人工植物とFitodesignのインテリア



    専門店で造花の幅広い選択を持っている、とさえ専門家は時々彼らの生活のためにそれらを取ることができます。 ほとんどの場合、人工的な花は生活を模倣するが、近年は​​若干の花と茶色の葉の花弁をしわに人気が高まって人工的な"ドライ"花になる。

    造花は異なる方法で使用されています。 あなたが明るいとほとんどの生き物に似て長期的な生け花、、としたとき水の容器を追加する方法がないを必要とするケースでは、アレンジは人工的な植物でいっぱいです。 時々、人工的な花はドライフラワーの合成を活性化する。

    あなたが水や湿った花のスポンジにそれらを置く前に、新鮮な花のワイヤーの配置で人工的な色の茎は、ペイントする。 造花を固定するためとして、一般的にループのワイヤまたはpiaflor(茶色)のためのドライフラワーを使用していました。 あなたがグリセリン処理庭の緑に含める場合は人工植物の組成物は、完成した見ていきます。

    ポリエステル製の花は、粉末洗剤の少量(のみ、彼らはよくすすぎとから水がマウントになっていることを確認する必要がある)とぬるま湯で洗浄することができます。 時々人工的な花の花弁をほこりをobmetatために。

     









    © 2011 Floraldesigns.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブなリンクを使用することができます!