近代的なフローリストリーの動向。

  • トップ
  • フローリストの基本
  • スタイルとテクニックの様々な
  • 基本的なフォーム
  • 左右対称の配置の形成の原理
  • 非対称構造
  • メインフォーム(円)
  • 基本的な形状(長方形)
  • 基本的な形状(三角形)
  • 色の選択
  • 色のコントラスト
  • 小さ ​​なコントラストの色の調和
  • 色の調和が素晴らしいコントラストです。
  • 色の現象の相対性
  • 人工光でその色
  • 色の象徴
  • 形と色の組み合わせ
  • 花のアレンジメント
  • 花の組成
  • 花束
  • 華道
  • ブートニエール
  • インテリアのBoutonnieres
  • 装飾的な花輪
  • バスケット
  • 生け花
  • 人工的な植物とFitodesignインテリア
  • プリザーブド植物
  • ドライフラワーの組成のインテリアデザイン
  • 乾燥した花の加工技術
  • ドライフラワーのお手入れ
  • 乾燥手配
  • ドライフラワーの平面配置
  • 近代的なフローリストリーの動向
  • 使用される材料
  • ガラス
  • セラミックス
  • プラスチック
  • 磁器
  • かご細工品
  • 花のオアシススポンジ
  • パッケージ
  • 装飾アイテム
  • ギャラリー花屋


  • 近代的なフローリストリーの動向。

    世界的な動向によって形づくらアート、ファッション、デザインなどの花屋、、。 これらのトレンドのひとつは、環境への影響です。 その本質は、自然の素材を使用することです。 当初は天然成分を多数使用して花屋は、、この傾向の大部分は責任を自分自身です。

    近代的なフローリストリーの動向



    植物相と植物性の概念は、最近、我が国の人口のための意味を成していたが、これにもかかわらず、それが私たちの人々がインテリアの花のプラント設計に新しいコンセプトのアプローチを開発しているです。

    それは人工的に設計で使用される植物の範囲を制限するフローリストのヨーロッパと東洋の学校の両方ことはよく知られています。 結果は、現代のphytodesignは現代社会の多面的なニーズを満たすことができないということでした。

    現時点では、ロシアのデザイナーのグループが、方向性を開発した、"RussoFito"と呼ばれる新しい設計フローの基本的な概念は、植物の使用上の人工的な制限がないことです。 プロジェクトは、現在知られている地上の植物の代表者や菌類と動物の王国の代表者を使用することができます。

    注目は、装飾と実用的な成分組成の新しい現在の和解のクリエイターに支払われます。 人気のある目的地"RussoFito"の一つは、だけでなく、お部屋を飾るだけでなく、人間が使用する収穫をもたらす植物の組成の要素として使用されています。

    近代的な植物性の機能を非常に広い:それだけでなく、鉢植えの植物の様々な組成の作成だけでなく、冬の庭を飾る、コレクション、ディスプレイ、掛かる垂直と日陰の庭園、木、アナナス、滝、florariumov、ポット- ET -フルール、盆栽、です。屋内rockeries。

    近代的なフローリストリーの動向



    絵画、写真、バスケット、木、風景、ジュエリー、そしてドライフラワーの他の組成物の様々な - 植物相と植物性の武器の中で。 ドライフラワーはギフト、瓶、花瓶、香水の瓶を飾る。

    過去数年間で、ますます普及して、保存状態の植物(主に木)、装飾的な資質である生活に劣るものではありませんが、、病気、寒さと暗闇の恐怖を、散水しない噴霧する必要はありません。 彼らは、ソロアーティストとしておよび組成物の内部に収容されています。

    インテリアにも面倒な表、最後の時間または無菌の登録テーブルにファッショナブルに簡潔な、または非常に複雑で、、およびそれらの装飾用として。 明るいと、元のテーブルクロスのような口調で対照的な、花のテーブルの配置を見て。 ポット、浴槽、木製椅子、足ミシン、アイロン、サモワール、等:広く、古い家庭用品の組成物に使用

    ますます、マスターの花屋の作品に様々なスタイル(折衷)の次の要素を発生。 現代の花屋巨大なビジネスチャンスともタブーはありません。 最近まで、花に関する厳格な規範を制限されて。 それは、例えば、同じオブジェクトに住むことは不可能組み合わせを信じ、そして乾燥した植物れました。 状況が今異なっている。

    強く慣習枠組みに違反し、新しい傾向があります。 前回の最も顕著な傾向 - すべてのものですべてを結合する機会は - パーソナルプラグインを免れていない。 これだけは巧みに行う必要があります。 さまざまなスタイルと素材の組み合わせの自由度は経験して味を必要とします。

    生きている植物、切り花、自然素材、ドライフラワー、植物のkadochnye、乾燥エキゾチックフルーツ、複雑にねじれた茎 - 動きのオブジェクトを作成する際にはどんな花材を行くことができます。 花業界は、既製の製品を提供しています:デザイナー、花屋のためにオリジナルの材料を提供する会社があります。

    ここでの主なもの - プロポーションとインテリアの巧みにブレンドされたフローラルオブジェクトその信頼性を尊重。

     









    © 2011 Floraldesigns.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブなリンクを使用することができます!